プロフィール


略歴: 
2002年4月 - 2006年3月 慶應義塾大学理工学部電子工学科 (3月23日)
2006年4月 - 2008
年3月 慶應義塾大学大学院理工学研究科総合デザイン工学専攻修士課程 (3月23日)
2008年4月 - 2010
年3月 慶應義塾大学大学院理工学研究科総合デザイン工学専攻後期博士課程 (3月23日)
2008年4月 - 2010
年3月 日本学術振興会 特別研究員 (DC1)
2008年4月 - 2010
年3月 グローバルCOEプログラム「アクセス空間基盤支援技術の高度国際連携」 リサーチ・アシスタント
2008年4月 - 2010
年3月 慶應義塾先導研究センター 共同研究員
2010年4月 
- 2012年9月 国立大学法人群馬大学大学院工学研究科 助教
2012年10月 - 現在         国立大学法人名古屋大学大学院工学研究科 講師
2015年10月 - 現在         国立研究開発法人科学技術振興機構 さきがけ研究者(兼任)
 
研究分野: 
アナログ集積回路、ディジタル集積回路、高周波回路、
無線通信回路、AD変換回路、電源回路、低電力化技術、テスト容易化技術

所属: 
名古屋大学大学院工学研究科電子情報システム専攻 
電子工学分野 情報デバイス講座 知能デバイスグループ(中里研究室)

所属学会: 
IEEE、電子情報通信学会
 
Biography

2006年慶應義塾大学理工学部卒業.2008年同大学院修士課程修了.同年日本学術振興会特別研究員.同年グローバルCOEプログラムRA.2010年同大学院博士課程修了.同年群馬大学大学院工学研究科助教.2012年名古屋大学大学院工学研究科講師.2015年国立研究開発法人 科学技術振興機構 さきがけ研究者(兼任).バイオ・医療応用半導体集積回路に関する研究に従事. 2006年慶応工学会賞受賞.2007年猪瀬学術奨励賞受賞.2008年IEEE SSCS Japan Chapter Young Researcher Award受賞.2009年IEEE SSCS Japan Chapter Academic Research Award, 藤原賞受賞.2011年丹羽保次郎記念論文賞, 船井研究奨励賞, 安藤博記念学術奨励賞, エリクソンヤングサイエンティストアワード受賞. 2012年IEEE/ACM Asia-South Pathific Design Automation Conference 2012 University LSI Design Contest Design Award受賞, 2013年エヌエフ基金研究開発奨励賞受賞, 2014年赤崎賞、IEEE名古屋支部若手奨励賞受賞.IEEE,電子情報通信学会,応用物理学会会員.博士(工学).

学会活動
  1. IEEE International Symposium on Circuits and Systems 2017 (ISCAS 2017) Review Committee Member (2017年度)
  2. 電子情報通信学会 集積回路設計研究専門委員会 専門委員 (2017年度~現在)
  3. ISPlasma2018/IC-PLANTS2018 Vice Program Committee Chair (2017年度~現在)
  4. 電子情報通信学会 「集積回路技術」英文論文小特集編集委員会 編集幹事 (2016年度~2017年度)
  5. 電子情報通信学会 英文論文誌C (IEICE Transactions on Electronics) 編集委員 (2016年度~現在)
  6. 電子情報通信学会 回路とシステム研究専門委員会 専門委員 (2016年度~現在)
  7. 応用物理学会 東海支部 ニューフロンティアリサーチワークショップ 庶務・会計 (2016年度~現在)
  8. ISPlasma2017/IC-PLANTS2017 Vice Program Committee Chair (2016年度)
  9. IEEE Biomedical and Life Science Circuits and Systems Technical Committee (BioCAS TC)(2016年5月~現在)
  10. ISPlasma2016/IC-PLANTS2016 Program Committee(2015年度)
  11. ISPlasma2016/IC-PLANTS2016 Executive Committee(2015年度)
  12. 電子情報通信学会 基礎・境界ソサイエティ ソサイエティ誌 Fudamental Review 編集委員(2014年12月~2016年12月)
  13. 応用物理学会 東海支部 幹事(基礎セミナー担当) (2014年度~現在)
  14. IEEE Asia Pacific Conference on Circuits and Systems 2014 (APCCAS 2014) Review Committee Member (2014年度)
  15. 電子情報通信学会 VLSI設計技術研究専門委員会 専門委員 (2013年度~現在)
  16. 電子情報通信学会 「集積回路技術」英文論文小特集編集委員会 編集委員 (2012年度~2015年度)
  17. 電子情報通信学会 回路とシステムのワークショップ 実行委員 (2011年度~2015年度)
  18. 電子情報通信学会 集積回路研究会 若手研究会 学生幹事 (2010年度)

 

 

Biography 

Kiichi Niitsu (S’05-–M’10) was born in Japan, in 1983. He received the B.S. degree summa cum laude, M.S. and Ph.D. degrees in electrical engineering from Keio University, Yokohama, Japan, in 2006, 2008, and 2010, respectively. From 2010, he was an Assistant Professor at Gunma University, Kiryu, Japan. Since 2012, he is currently a Lecturer at Nagoya University, Nagoya, Japan. Since 2015, he serves concurrently as a Precursory Research for Embryonic Science and Technology (PRESTO) researcher, Japan Science and Technology Agency (JST). His current research interest lies in the low-power and high-speed technologies of analog and digital VLSI circuits for biomedical applications. From 2008 to 2010, Dr. Niitsu was a Research Fellow of the Japan Society for the Promotion of Science (JSPS), a Research Assistant of the Global Center of Excellence (GCOE) Program at Keio University, and a Collaboration Researcher of the Keio Advanced Research Center (KARC). He was awarded the 2006 KEIO KOUGAKUKAI Award, the 2007 INOSE Science Promotion Award, the 2008 IEEE SSCS Japan Chapter Young Researcher Award  and the 2009 IEEE SSCS Japan Chapter Academic Research Award both from  IEEE Solid-State Circuits Society Japan Chapter, the 2008 FUJIWARA Award  from the FUJIWARA foundation, the 2011 YASUJIRO NIWA Outstanding Paper  Award, 2011 FUNAI Research Promotion Award, the 2011 Ando Incentive Prize  for the Study of Electronics, the 2011 Ericsson Young Scientist Award, the 2012  ASP-DAC University LSI Design Contest Design Award, the NF Foundation R&D  Encouragement Award, the AKASAKI Award from Nagoya University, the IEEE Nagoya  Section Young Researcher Award, the IEEE Biomedical Circuits and Systems Conference 2016 (BioCAS 2016) Best Paper Award, and the Young Scientists’ Prize of the Commendation for Science and Technology by the Minister of Education, Culture, Sports, Science and Technology. He has published 47 referred original journal papers, 105 international conference papers, and 3 book chapters, including 2 TBioCAS, 5 JSSC, 5 TVLSI, 2 ISSCC, 4 Symp. on VLSI Circuits, 11 BioCAS, 1 ISCAS, 4 A-SSCC . He served as a Technical Committee of IEEE (BioCAS TC), a Review Committee Member of ISCAS 2017 and APCCAS 2014, an Associate Editor of  IEICE Transactions on Electronics, an Editorial Committee of IEICE Transactions on Electronics, Special Section on Analog Circuits and Related SoC Integration Technologies, and an Editorial Committee of IEICE ESS Fundamental Review. . He is a member of the IEEE, IEICE (the Institute of Electronics, Information and Communication Engineers of Japan), and JSAP (the Japan Society of Applied Physics).